サポート

エアーストーンの違いとデメリット

酸素の供給を目的として販売しているエアーストーンですが用途、目的等様々なものがございます。

丸ストーン、ロングストーン
airstone001.jpg

ブルーが特徴の丸ストーンとロングストーン

メリット 安い 価格がお値打ちなため大量に使う際におすすめ
デメリット セラミックストーンのように高温で焼いている製品ではないため
型崩れしてしまう

セラミックストーン
airstone002.jpg

 

セラミックストーンは

泡を出す機械、酸素吸入器、グリストラップ

等様々な分野で活躍しています


メリット 高温で焼成されているため型崩れすることはない
デメリット 丸ストーンやロングストーンより価格は高め

※弊社セラミックストーンは接着剤を使用していないため魚に害があることはありません。
また接着剤を使用していないことから多少商品の両サイドから泡が出ることがあります。

タイニーバブル、ラバーストーン
airstone003.jpg

タイニーバブルは水耕栽培に使われたり

水を出すようにすると染み出すように出ます。

タイニーバブルの詳しい説明はこちら


メリット くねくね曲げれて自由自在に設置できるエアーカーテン サイズも豊富
デメリット 表面がシリコン製なので亀などかんだりする生体には適さない

 

水生生物用品はこちら

052-771-1811

オフィシャルサイト

メールフォーム